ALTRA JAPAN アンバサダーのシューズレビュー(池田祐樹さん)@LONE PEAK 5

マウンテンバイクやトレイルランニングのプロマウンテンアスリートでもある池田祐樹さんにシューズレビューをいただきました。
シューズモデルは、ALTRAの代名詞とも言われる大人気のトレイルシューズ、LONE PEAK 5 (ローンピーク5)です。

使用シューズ

  • モデル:LONE PEAK 5 (MENS)
  • サイズ:MENS US9.5inch (27.5cm)
  • カラー:KHAKI(カーキ)

■実際に履いてみたシューズの所感は?気に入ったポイントはありますか?

最初足を入れて立った時に、まずALTRA EGOミッドソールの心地よい柔らかさを感じました。これが路面の情報をうまく伝えてくれます。
柔らかいと言ってもランニング時に沈む感覚はあまりなく、接地時の反発もしっかりと感じることができました。
ミッドソールに内蔵されているストーンガードがシャープな石などから足底のダメージを最小限に抑えてくれることも嬉しいポイントです。
履き心地は言うまでもなく、LONEPEAK5の洗練されたデザインもとても気に入っています。サイドにデザインされた山(ローン・ピーク)を模したグラフィック、レーザーカットされたドレーンホール(排水穴)など、前作から更にシンプルかつ洗練されたデザインがとても好きです。
今回チョイスしたカーキのカラーは、私的に大ヒットでした。クラシックなトレッキングシューズを彷彿させるような色使いとモダンなデザインの融合がたまらなくクールに感じました。山はもちろんですが、下山後の街でも違和感なく馴染むと思います。

■今回はどのようなシチュエーションで使用しましたか? また、LONE PEAK 5が活躍しそうな想定シーンがあれば教えてください。

今回、距離約20kmで獲得標高約1800mの激しめアップダウンが続くテクニカルなトレイルを走りました。総合的に、どの路面に対しても安定した走りができた印象です。
強いグリップを感じ、滑りやすい砂利や泥気味の下りで、地面を捉える感覚が増したので、より安心して攻められました。登りや横の動きに対してもグリップと運動性の高さを感じました。

アッパーの強度も強く、排水性も高いので、急な天候の変化や過酷なアドベンチャー的なシチュエーションでもオールマイティに活躍してくれる予感がしています。

■シューズを選ぶ際に重要視しているポイントは?

1番はサイズとフィットです。
どんなに良い性能があっても自分の足に合っていなければ、その性能を十分に発揮することができません。
ALTRAの特徴でもある、足指を自然な形で開く「フットシェイプデザイン」とソールに落差のない「ゼロドロップ」も私にとっては欠かせないポイントです。
より自然な足の形を保ち、怪我のないランニングフォームの獲得にも大切な要素だと思っています。
次に、用途に合っているかどうか。
私の場合は、100マイルなど、ウルトラトレイルを目標としているので、耐久性やクッション性をポイントにして選んでいます。
普段走るトレイルや目標とするレースコースの路面もシューズ選びの大切なポイントです。
テクニカルな場面が多い場合はLONE PEAK、林道や走れるトレイルが多い場合はTIMPといった具合に選んだりしています。
最後に、かっこよさです。かっこいいシューズはやっぱり走っている時のテンションが違います。
私の場合、このLONE PEAK 5を履いている時は2割増しくらいで速く走れる気がしています(笑)。

MENS LONE PEAK 5

WOMENS LONE PEAK 5

 

 

関連記事