春のトレイルシューズ (メンズ)人気ベスト3(ALTRA WEBサイトアクセス数順位)

アルトラのトレイルシューズは様々な種類がり、どれを購入しようか迷うという方もいらっしゃるのではないでしょうか。一つの参考として、他の人はどのモデルが気になっているのかを知っていただくためにモデル別WEBサイトアクセス数ランキングを発表します。

今回は、この春(3月・4月)のメンズ トレイルランニングモデルのアクセス数ランキング ベスト3を発表します。

 

第1位 LONE PEAK 4.5 M(ローンピーク4.5 M)

アルトラのトレイル用シューズといえばローンピークを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。バージョン4.5になった今回も大人気の一足です。ショートでもロングでも使えるバランスの良いクッショニング、Maxtracというアルトラ独自のアウトソールは粘り気のある優れたグリップ性能を持ち、全体的に完成度の高いシューズとなっています。また、多くのハイカーに選ばれているのも特徴で、耐久性や安定性、快適性を持ち合わせているのも支持を得ている理由です。どんなトレイルシューズが自分に向いているか解らないという方にも、このローンピークはどんな地形や長さにも対応してくれるため、おすすめです。

 

第2位 TIMP 2.0 M(ティンプ 2.0 M)

2位には走れるロング用として人気のティンプ2.0。トレイルのロングを想定した際にどれを手にとるか。恐らくオリンパスとこのティンプ(勿論ローンピークも)が候補になります。アップダウンがそこまで強烈ではなく、走れる所は出来るだけ速く走りたいという方にはこのティンプがおすすめ。ロードもトレイルもしっかり走れるシューズです。アウトソールはローンピークでも使用しているMaxtracとなりグリップ力に関しても安心できる一足です。

 

第3位 SUPERIOR 4 M(スペリオール4-M)

3位はALTRA史上最高のシューズとも言われいてるスペリオール。ショート〜ミドルを想定した走れる一足。クッション性がありながらも大地を踏みしめる足裏感覚もしっかり感じとれる走っていて気持ちの良いシューズ。普段そんなに距離を走ったりせず、レースでも長くても60Kmぐらいまでしか出る予定はないという方には安定感、走りやすさ、程良いクッショニングとバランスが取れたスペリオールがおすすめです。

 

予想通りの順位だったでしょうか。ご購入の際の一つの参考としてご覧いただければと思います。

そして、最近ランニングをするモチベーションが下がってきたなぁという方に(そうでない方も勿論!)STRAVA内にALTRA JAPANのランニング クラブがありますので是非ご参加ください。
STRAVA内 ALTRA JAPANクラブはこちらから

 

関連記事