Q:トレイルランニングでは、どのようなサイズ感でシューズを選ばれることが多いのでしょうか。

シューズのサイズ感ですが、一般的にどういうサイズがいい、と言われれば足を実際に測った長さに1~1.5cmプラスしたものがいいと言われています。これはどこのシューズメーカーも言っていることかと思います。
しかし、シューズの履いた感触、シューズに求めることには個人差がありますので、ぴったり履く方もいれば、少しゆとりをもって履く方がいたりと人それぞれですので、どれが正しいかということは、お答えすることは難しいといえます。

しかし、足の機能を最大限に活かし、効率よく歩き、走り、ということを考えますと、若干ゆとりは持たせていいかと思いますが、あまり大きすぎるサイズはシューズの中で足が動いてしまい、好ましい履き方ではないと言えます。
さらに大きすぎるがゆえに、足の指を使わず、足の機能が使えず、足を退化させる原因にもなってしまいます。足には多くの神経が走っています。その神経は身体の上半身までつながっている神経です。足は第2の心臓と言われるように、足の機能の低下は直接身体のバランスを崩し、身体をさびさせてしまいます。

トレイルランニングの下りでつま先部分が痛くなるというのは「シューズがフィットしていない」「大きすぎる」「下りの走り方がうまくない」ということが言えます。効率のよい下り方ができれば、むしろ、足にフィットしていたほうが走りやすいです。

関連記事